ペトロフピアノとは
ペトロフ創始者

1864年 歴史と伝統のあるヨーロッパ、チェコで、ペトロフピアノは生まれました。

 

ペトロフの創立者であるアントニン・ペトロフは、父親の建具用の仕事場で、最初のグランドピアノの製作を始め、これまでに60万台以上のピアノが製造されています。

 

数々の賞を受賞したペトロフピアノは、1935年ブリュッセルで開かれた世界博覧会では最高の栄誉である、

グランプリを授与されています。

 

現在のペトロフは、ヨーロッパ最大のピアノ製造業の中に数えられ、2001年6月、完全に民営化され独立を果たしました。

 

ペトロフ工場でのピアノ製造過程は、ここ数十年間のうちに大きな進化を遂げてきました。熟練工にしかできない熟練作業と、最新の機械を使用した精密な工業生産が調和しています。

 

ペトロフでは資材の選択に最新の注意を払い、広い振動部分と高度な張力部から成る響板には、木目が細かく共鳴しやすいスプルース材だけを厳選して使用しています。

 

見た目にも美しいペトロフピアノは、艶消しにはポリウレタン、また艶出しにはポリエステルが、 ヨーロッパデザインの外観仕上げに使用されます。

 

世界市場での売り上げが伸びているペトロフピアノ。豊かで優しい音色とデザインに魅了され、ピアノファンの間で人気が高まっています。

ボヘミアについて

ペトロフピアノはチェコのボヘミア地方で作られています。チェコといえば「モルダウ」で有名なスメタナや「新世界」で知られるドヴォルザークを生み出し「音楽の国」とも呼ばれています。

 

豊富な森林資源に恵まれた土壌の中で、ペトロフピアノは育まれ成長してきました。その優しく美しく、そしてどこか懐かしさを感じる音色は、ボヘミアそのものと言えるでしょう。

 

ペトロフの工場を訪ねて

ペトロフピアノを製造している工場は、チェコの首都プラハから自動車で約1時間半ほどのところにあります。広大な敷地と豊かな自然の中で、一つ一つ、丁寧に手作業で作られているのです。

ペトロフ工場

鍵盤蓋をベルトサンダーで仕上げます。

ペトロフ工場

製材した木材を、乾燥させてからピアノに使用します。

ペトロフ工場

ピアノ本体の鉄骨に、ヒッチピンを取付けます。


ペトロフ工場

ピアノ工場では、材料を置くにも大きな敷地が必要です。

ペトロフ工場

何十台もの鍵盤が、ピアノへの組み上げを待ちます。


ペトロフ工場

ペトロフ工場内で木材の材料の厳選し、加工も行います。

ペトロフ工場

本体の木材削り出しは、大型機械で制御しながら行います。

ペトロフ工場

グランド大屋根の飾り、彫刻も手作業で行われています。


ペトロフピアノに関するお問い合わせ